クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
クチコミ情報

内科の対象はになるのはその名の通り体の内側、様々な臓器です。X線の登場によって内臓の状態が正確にわかるようになり、それがより効果的な治療に役立ったことからわかるように、内科の発展は科学技術との関連が非常に強く、今後の状況によっては対象がさらに広がり、治療方法も絶えず変化することが考えられます。

腫瘍についても、それまでは外科の対象でしたが、抗がん剤が開発されてからは内科の対象になっています。一口に内臓と言っても様々なものがあり、循環器学、消化器学、内分泌学など、臓器の種類ごとに専門分野が確立されてきました。それぞれの分野に積み重ねてきた歴史と技術の進歩があるため、内科学全てを修めるのは非常に難しいのが現状です。ですから現在は、自分の専門外の患者さんには関わらないようにしている医師も多いようです。

しかし、内臓を種類を問わず総合的に診ることのできる医師の需要は高まっており、医療機関の側でも研修医には複数の臓器を診られるようにすることを推奨しています。また、扱う対象の幅が広いために医師の数が非常に多く、その技術にムラがあるのもこの分野の特徴です。ですから診察を受ける際には、十分な下調べをしてからのほうがいいでしょう。